内なる調和 ― 内なる心の声の「成仏」

 

ここ最近、世界において、本当に様々な葛藤や、紛争のニュースがあり、

心がざわついて、何となく悲しかったり、怒りや無力感を感じたり・・

という方もおられるかもしれません。

私もそうです。

でも、外側の世界が揺れるときほど、内側の世界を見つめて、

自分の「中心軸」を感じ直すようにしています。

 

私たち、一人ひとりの世界の中にも、規模は違っても、同じように葛藤(戦争状態)や、

怒り、悲しみは、何らかの形で、常に起こっていますね。

 

だから、こんな時ほど、自分自身の心をみつめ、やさしさや、思いやりをとどけ、

中心に戻り、統合してゆくこと ー セルフ・コンパッション ・・が、とても大事なように感じています。

 

私たちは、何に怒り(イライラ)をおぼえるのか。

無力感を感じるのか。

悲しさを感じるのか。・・・

 

心の中で、

いわゆる「負の感情」を持つに至った背景には、かならず、理由があります。

 

多くの場合、自分の何らかの「ニーズ(必要性)」が、叶えられなかったこと・・・

が、背景にあることが多いものです。

 

自分を大切にしてもらえなかった。

自分の境界線(バウンダリー)を、ふみにじられた。

自分の大切にしたいものを、粗末に扱われた。

安全を、おびやかされた。

大切なものを守りたかった。

ちゃんと、話を聞いてほしかった。

ただ、一緒にいて欲しかった。

・・本当は、もっと大事にされたかった。尊重されたかった。

ただ、安心したかった。・・

 

といったような、隠れた様々な「叶わなかったニーズ=要求」が、あるものです。

 

そういった、様々な「層」になっている心の声を、ひとつ一つ、ていねいに、聞いてゆくこと。

 

そして、いま、自分のできる範囲で、そのニーズを、叶えてあげること・・・。

 

こういった「こころの声の対話」を丁寧に重ねてゆくことで、

 

「ネガティヴ」だった感情の部分は、やがて、

 

しっかりと「聞かれ」、「理解され」、願いを叶えられたことにより、

 

もう、荒々しい形で、強く表現をしなくてもいい。

落ち着いて、少しリラックスしてもいい。

ゆっくりとただ、「存在」していていい・・とわかってゆく・・

=「成仏」してゆくことが、多いものです。

(ここでの「成仏」とは「仏のような質に成る」という意味です。)

 

今日、あなたが望むこと、「ニーズ」は何でしょうか?

どうしたら、より安全に感じて、ほっとできるでしょう?

あなたが、自分を今日、少し幸せにして、大切にできる、一つの行動はなんでしょうか。

 

良かったら、朝起きたら、自分の身体にたずねてみてあげてください。

私にとっては、今日はゆっくりと、喫茶店に行くことみたいです。^^

 

外側の世界は、すぐは変えられないことは多いです。

でも、世界の平和は、たった一人ひとりの心の中の、小さな調和、(=色々な心の声の、成仏)

からはじまってゆく・・ということを、心の底から信じています。

 

ぜひ、一緒に、ちいさな調和を持って、日常をすすんでいきましょう。

 

 

 

(一人で、強いネガティヴな感情だけを見つめすぎると、そこから出てきにくくなることもあります。

ネガティヴな感情は、リソースのような「心地良い感情・感覚」と、交互・一緒に見てゆくと、良いです。

また、セラピストや、信頼できる誰かと一緒に見つめてゆきましょう。)