自分の真実とつながること−「本音」を響かせる

 

ますます、「自分」につながることが大事な時代になってきました。

この、激動の時代。変化の大きい時代。

外側の環境に、色々な声が起こり、様々な反応が起こっている中で、

「自分は一体、どう感じているのだろう?」。「今、私は何を感じている?」

と、ハート(体の中心)に手を置いて、内側に耳を傾けて進んでゆくことは、

私たちに、ほんものの力を与えてくれます。

内側の「声」は、初めはごく小さくて聞こえなかったりします。

またその「声」は一つではなく、ときに混乱したり、葛藤することもあるかもしれません。

 

でも、ただ、ただ、心の内側にある、色々な声に、少しずつ耳をすませてゆきましょう。

そうすることで、やがて、「本音」・・・自分の内なる、本来の声、本当の「音」が、聞こえてきます。

 

「癒し」とは、結局、「本来の自己」に帰ってゆく、ゆるやかなプロセスに他なりません。

痛みから守ろうとする様々なこころの働き。

トラウマから来る、身体の反応や、否定的な信念。

子供時代のころの声。父や母、権威者の声。遥か昔、祖先の声・・。

 

内側にある、色々な「声」に気づく度に、不完全な自分をゆるし、受け入れながら、

それらを、聞き届けてゆくことで、

私たちは、いつでもそこにあって、忘れかけていた、自分自身の「音」を思い出します。

セッションでは、一人では中々気づきにくい、心の様々な「声」、あなたならではの「本音」を思い出し、

その「音」を、世界で美しく表現してゆくプロセスを、お手伝いをしたいと思っています。

 

こんな時代ですから、少しずつ、オンラインでもセッションを提供するようになりました。

今は、日本の(世界の)どこに居ても、お会いすることができます。

あなたの色々な「音」に、耳を傾けれることを、楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

バラが、光を放っているようにきれいでした。